世間はハロウィン一色ですね。秋の収穫祭だとか悪霊を追い払う日だとか、どちらかと云うと土着の信仰が色濃く残っている行事ですよね。万聖節と重ねられるのは、初期のキリスト教指導者達が、異教徒の信仰を置き換えるというようなことを行った結果だとかとも云われていますが。

ただ、現在では宗教色は薄れて、仮装して楽しもう的なイベントに成り下がってますよね。まぁ、お祭り騒ぎが大好きな人達にとっては、都合の良いイベントなんでしょうが。

そう云った意味では、ハロウィンで暴徒化するとかいうことが、日本のみならず世界中でもおこっているらしいですね。これも、何かのシンクロニシティなんでしょうかね。

さて、一つ疑問。ハロウィンと聞いて、ジャック・オー・ランタンを思い浮かべる人は多いと思いますが、ハロウィンに食べるにはカボチャっていうのは相応しいのかなと。ハロウィン特有の食べ物って何かあるのかな?

まぁ、そんなこんなで、トリック・オア・トリート!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)